道の駅 日義木曽駒高原(長野)-200.

160520DSC_0948.jpg



160520DSC_0904.jpg
ささりんどう館



160520DSC_0906.jpg
ふれあい情報交流館(情報休憩施設)



160520DSC_0935.jpg
ふれあい情報交流館(情報休憩施設)



160520DSC_0943.jpg
ふれあい情報交流館内



160520DSC_0947.jpg
ふれあい情報交流館内



160520DSC_0937.jpg
ささりんどう館内 食事処「巴」



160520DSC_0941.jpg
ささりんどう館内 地域(木曽)情報コーナー



160520DSC_0909.jpg
トイレ(ささりんどう館横)



160520DSC_0955.jpg
トイレ(駐車場横)



160520DSC_0934.jpg
木曽駒味わい横丁(屋外売店)



160520DSC_0913.jpg
木曽駒味わい横丁(屋外売店)



160520DSC_0915.jpg
木曽駒ケ岳(2956m 右から二番目の頂)



160520DSC_0922.jpg
中山道中間地点の碑



160520DSC_0926.jpg

” 1180年9月、一人の若き武将がこの日義の地で挙兵した。
彼の名は「木曽義仲」。
それは、栄光と悲しみに満ちた物語と歴史の始まりであった。
戦乱の平安時代を風のごとく駆け抜けた「朝日将軍木曽義仲」と
美しき女武将「巴御前」。
ここ日義は、悲劇の英雄たちの故郷である。”



160520DSC_0910.jpg
駐車場



160520DSC_0953.jpg
国道19号線



160520DSC_0907.jpg


訪問日
2016/05/01

「道の駅 日義(ひよし)木曽駒高原」は、長野県木曽郡木曽町の
国道19号線沿いにある道の駅。
ここのイチオシは、何と言っても背後に聳える木曽駒ケ岳の雄大な眺め。
残雪の山並みにしっとりとした佇まいの武家屋敷風駅舎が映えます。

日義は、伊那と木曽を結ぶ「権兵衛峠」・「権兵衛トンネル」の名前の由来になった力自慢の「権兵衛さん」が住んでいたところだとか。
「ささりんどう館」の”ささりんどう”は木曽義仲の家紋だそうです。

国道沿いのため少々騒音が気になりますが、(温浴施設無しで良ければ)車中泊好適地かもしれません。





  にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ

関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。